ペットと暮らしやすい家づくりをしよう

2021年11月10日

ペットは飼い始めたその瞬間から家族の一員です。
そんな大切なペットのために人間だけではなくペットも暮らしやすい
家づくりをしましょう。
人間が快適に感じているものでも、実はペットにとっては良くなかったり。
ではどこを工夫すればペットたちが暮らしやすいのか、考えてみましょう。

緩やかな階段

犬や猫にとって階段というのは足腰に大きな負担があります。ペットと一緒に生活をする住宅では、階段を緩やかにすると良いです。緩やかな階段にすることで、ペットたちの肉球にも負担がかからず、足腰への衝撃も最小限におさえることができます。
ペットだけではなく私たちにもメリットがあります。例えば、妊娠中。また、高齢になって足腰が思うように動かせなくなったときでも、階段が緩やかなほうが便利ですし、より安全です。

ヒノキチップを敷く

ヒノキチップは意外と活用できます。
犬を飼っている人だと良く聞くであろうフィラリア。蚊に刺されることで発症し、犬の死因で大きな割合を占めます。ヒノキチップには防虫効果があり、消臭効果も期待できるるので是非活用してください。

キャットウォークを設置する

せっかくなら、猫ちゃんが喜ぶキャットウォークを設置するのも良いでしょう。
家の雰囲気に合わせたキャットウォークにすることで、浮いたりすることもなく
インテリアのように馴染みます。

滑りにくい床

特にわんちゃんはお部屋の中を走り回るのが大好きです。
ペットにとっての理想の床は滑りにくく弾力のあるものです。現代の住宅で広く普及しているフローリングは掃除がしやすいので人にとっては快適かもしれませんが、つるつるとした床はペットの足腰にとって大きな負荷がかかります。肉球の回りの毛が伸びていたり、肉球が乾いているときは特に滑りやすく危険です。
床材をクッション素材にすると、歩く音を軽減させるというメリットもあります。

玄関横に足洗い場を

雨あがりの散歩。そこで困るのが、ぐちゃぐちゃになった道。散歩終わりのわんちゃんを見ると「こんなに泥だらけ?!」な~んてこと、ありませんか?
玄関からお風呂場に行くまでの間にも、家の中を汚してしまいますよね。
そんなときのために玄関横に足洗い場を設置しましょう。洗い場があれば泥でいくら汚れようが、家に入る前には奇麗にすることができるので家の中を汚す心配もいりません。

コンセントガードをつける

「コンセントが気になって触ったり噛んだりしてしまう・・・。」そんなわんちゃん猫ちゃんは多いのではないでしょうか?特に小さい頃は好奇心旺盛でなんでもかんでもきになってしまうので、コンセントを噛んでしまうことはよくあることです。万が一感電してしまって後から後悔しても遅いですようね。後悔する前にコンセントにはカバーをきちんと付けましょう。

POINT


コード部分は画像のような「配線カバー」を使用するとGoodです!100円ショップにも売っていますのでコードに巻き付けておきましょう。

ペットの目線に窓を

犬も猫もお外を見るのが大好き。
窓から見る景色はペットの脳を刺激するので、外を眺めているだけでも、楽しい気分を味わえたり、リラックスした気持ちになれます。
家の中にはない物を見たり感じたりすることで、ペットにとっては日々の退屈しのぎにもなります。 そんなペットのために、目線に合わせた窓を作ってあげると良いでしょう。
日の当たるところだと、日向ぼっこが好きな猫にはよりいいかもしれませんね♪

まとめ

家族の一員のペットたちのために、人間も動物も過ごしやすい家づくりを紹介しました。

・緩やかな階段を作る
・ヒノキチップを活用する
・キャットウォークを設置する
・床材は滑りにくいものを選ぶ
・玄関の横に足洗い場を設置する
・コンセントカバーを付ける
・ペット目線の窓をつくる

以上の7点を踏まえて、ペットが喜ぶお家を目指しましょう♪