子育てしやすい家を作るポイント5選

2021年11月08日

「家を建てたい」「新しく広い家に引っ越したい」と思うタイミングの一つに「子供がうまれるから「学校に入学するために近くに住みたいから」などという事も挙げられます。
今回は”子育てしやすいお家”について考えていきたいと思います。

 

常に目が行き届くリビング

特に小さい頃は目が離せません。調理を作ったりなど、やらなければならない家事もある中、小さな子供を見守らなければなりません。目を離しているうちに、何かを口にしてしまったりと目が行き届かなければ危険です。
ですので、「目が行き届く部屋」といのは小さな子供がいるご家庭にとってはとても大切です。



POINT


オープンキッチンにすると部屋全体を見渡すことができ、料理をしながら子供を見守ることができるのでGoodです☆




広い玄関

玄関は靴を置くスペースだけではなく、小さな子供がいるご家庭ではベビーカーを使うことが多いので、それを加味しながら広めの玄関にするのが理想的です。

 




たくさんの収納ができるスペース

小さな子供がいると、たくさんのおもちゃや服などが増えてしまいますよね。
あまり収納がないと部屋が散らかってしまい、余計なストレスまで抱えてしまうかもしれません。
写真のような収納スペースをつくることで部屋をすっきりさせる事が出来ます。

 

POINT


おもちゃなど細かなものはこのようなケースに入れて収納するとスッキリするので見栄えもいいですし、ケースの外側に名前テープを貼っておくとわかりやすいのでGoodです♬

 

広めのお風呂・洗面所

意外と大事なお風呂と洗面所。
子どもが小さいうちは、お風呂や歯磨きなど親と一緒にすることがほとんどです。

子どもと一緒に入れる大きさのお風呂、並んで歯磨きができる広い洗面台があると良いです。

 





リビングの横に和室を!

「なぜリビングの横の和室がいいのか?」と思いますよね。
畳は子育て世代にはとても便利なんです。
フローリングよりもクッション性があり、小さなお子様が転んだ時もケガをしずらいです。
また、お昼寝スペースにも利用できますし、冬場はこてつをおいて家族団らんの場所にしてもいいかもしれません♬





ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不動産・リフォーム・リノベーションは
東区の株式会社エントランス